ここから本文です

団体、飛龍V2 静岡県高校総体・相撲

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS 5/14(日) 8:10配信

 相撲は飛龍が団体を危なげなく制し、個人も2年連続全勝Vの鈴木優を筆頭に全国総体出場3枠を独占。栗原監督が「鈴木優以外の選手の力は互角。個人は誰が全国出場してもおかしくない」と話すなど、厳しい競争で培った実力を見せた。

 5人制の団体戦は3戦全勝。2年前に10連覇を阻まれた富士宮北との一戦は1勝1敗から中堅鈴木碧、副将土屋の連勝で決めた。大将戦を勝利で締めた重松主将は「全員が負けん気を持って前に出ていた」と満足そうに話した。

 個人戦は鈴木優が圧倒的な強さを見せた。8人中6人が飛龍勢になった決勝リーグは、初戦で右肩を負傷しながら全勝。2018年に沼津で開催される全国総体で優勝を目指す2年生は「今年は団体、個人とも全国で上位に入り、来年につなげたい」と意気込んだ。

静岡新聞社

最終更新:5/14(日) 8:10

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS