ここから本文です

<遊覧船>工場夜景を眺めながら漁師料理を 福岡・苅田港

毎日新聞 5/14(日) 12:16配信

 苅田港の工場夜景を眺めながら漁師料理を楽しむ遊覧船が今年も運航を始め、予約を受け付けている。

 福岡県苅田町観光協会が地元の苅田傭船海事が所有する屋形船風の遊覧船「麒麟(きりん)」(乗客定員16人)を借り2013年から始め、昨年は過去最高の372人が利用した。10月末までの期間中、毎日10人程度からの予約で苅田本港を午後6時45分ごろ出航し、沿岸の工場群や、かつて陸続きだった神(こう)ノ島などを約1時間半で巡る。

 船内では地元漁師による刺し身やかき揚げなど旬の魚介類を使った料理が出され、酒類などの飲み物は持ち込み制。料金は中学生以上5000円、小学生4500円。別途1000円で地元ガイドが添乗する。観光協会の野中眞治会長は「工場夜景は言葉では言い表せないほど美しく、多くの方に船を利用してもらいたい」と話す。予約は希望日の6日前までに町観光協会093・434・5560。【荒木俊雄】

最終更新:5/14(日) 12:29

毎日新聞