ここから本文です

柏レイソルが怒涛の5連勝!手塚のミドル弾などでFC東京との好調対決を制す/J1リーグ第11節

GOAL 5/14(日) 16:56配信

■J1第11節 FC東京 1-2 柏

FC東京:田邉(90+3分)

柏:手塚(33分)、伊東(46分)

明治安田生命J1リーグ第11節が14日に行われ、味の素スタジアムではFC東京と柏レイソルが対戦した。試合は柏が2-1でFC東京を下し、リーグ戦5連勝を飾った。一方、FC東京にとっては4試合ぶりの黒星となった。

現在、リーグ戦3連勝中のFC東京と4連勝中の柏という、好調なチーム同士の対決。どちらの勢いが上なのか。上位進出を睨む両チームにとって、負けられない一戦となる。

試合は日本代表クラスの両GKが見せ場を作る。11分、柏がペナルティエリア手前左でFKのチャンスを得ると、クリスティアーノが右足で直接狙った。壁の横を抜けたボールがゴールを襲ったが、GK林彰洋が好セーブでピンチを凌ぐ。

一方、FC東京も15分にFKを獲得。太田宏介が左足で鋭いシュートを狙ったが、ここはGK中村航輔が反応して失点を免れた。

スコアが動いたのは33分。柏がチャンスを作ると、敵陣ペナルティエリア手前で手塚康平がボールを持つ。パスを選択せずに左足で強烈なミドルシュートを放った。ドライブ気味のボールにGK林も反応しきれず、ボールはゴール左下に決まった。手塚にとっては今季2点目となった。

柏が1点をリードしてハーフタイムを迎えると、後半立ち上がりに再びゴールが決まる。46分、柏がキックオフから攻め込むと、ペナルティエリア手前左のクリスティアーノがスルーパスを狙う。走り込んだ伊東純也が相手DFと競り合いながらボールをゴールに沈め、柏が貴重な追加点を奪った。

FC東京は51分に前田遼一を下げてピーター・ウタカを投入。まずは1点を返しにいく。

72分、柏は右サイドのクリスティアーノがハーフウェイライン付近からロングシュートを狙った。ボールは枠を捉えたかに思われたが、GK林が後ろに戻りながらなんとか弾き出し、決定的な3点目を許さない。

FC東京は後半アディショナルタイム3分に途中出場の田邉草民が1点を返したが、追いつくことはできず。柏が1点差を守りきり、FC東京との連勝対決を制した。

GOAL

最終更新:5/14(日) 16:56

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合