ここから本文です

<秋本治>連載マンガ「BLACK TIGER」と「マグニフィセント・セブン」のコラボイラスト公開

まんたんウェブ 5/15(月) 10:00配信

 長寿マンガ「こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)」の連載を終えた秋本治さんが、今年1月に公開された映画「マグニフィセント・セブン」(アントワーン・フークア監督)のブルーレイディスク(BD)とDVDのリリースを記念して描き下ろしたイラストが15日、公開された。秋本さんが昨年12月に連載をスタートしたマンガ「BLACK TIGER ブラックティガー」の主人公の女ガンマンのブラック・ティガーと、「マグニフィセント・セブン」の主人公のサム・チザムが並んで得意の銃さばきを披露する姿が描かれている。

【写真特集】これがイラストのポーズだ! デンゼル・ワシントンがカッコいい

 「BLACK TIGER ブラックティガー」は、南北戦争直後の米国を舞台に、南部の残党兵や無法者を駆逐するために“殺しのライセンス”を与えられた女性ガンマン・ブラックティガーが、凶悪兵器を備えた“闇の敵”に立ち向かう……というストーリー。

 「マグニフィセント・セブン」は、黒澤明監督の「七人の侍」や同作のハリウッドリメーク版「荒野の七人」を原案にした作品。デンゼル・ワシントンさん演じる主人公の賞金稼ぎのサム・チザムらワケありの7人が、それぞれ武器を手に命がけの戦いに挑む姿を描いている。

 秋本さんは同作について「銃の差し方、持ち方、撃ち方、ナイフの扱い方に至るまで、こだわりのキャラクターたち、『7人全員が主人公級』の強力な個性が集まった! 一人一人を見ているだけで面白い!! さらに、銃撃戦、乗馬シーンなど徹底してリアルに映し出された迫力の映像に圧倒されます!! これぞ、ハリウッド西部劇の集大成だ!!!」とコメントを寄せている。

 DVDが3800円、ブルーレイディスク(BD、初回生産限定)が4743円、4K ULTRA HDとBDのセットが6800円(全て税抜き)で、24日に発売。

最終更新:5/15(月) 10:00

まんたんウェブ