ここから本文です

逆転許した谷口徹「今日の優作は上手かった」

5/14(日) 18:12配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯 最終日◇14日◇かねひで喜瀬カントリークラブ(7,217ヤード・パー72)>

男子ツアーの熱戦を特選フォトでプレーバック!

前日未消化分の第3ラウンドを終えてトータル8アンダーで単独首位をキープした谷口徹だったが、続けて出た最終ラウンドは6バーディ・6ボギーと出入り激しくトータル8アンダーは変わらず。前半アウトで飛び出した宮里優作にトータル12アンダーで逆転を許し、小平智と並ぶ3位タイで終えた。

22ホールの長丁場を戦った49歳は、強みであるはずのパッティングに苦しんだ。

「短いパットを外し過ぎ。パターが悪かった」。宮里にリードを許して迎えた7番、8番では連続バーディを奪って1打差に接近するも、9番では2メートルのバーディチャンスを決めきれず。逆にリードを広げられ「9番で入れていたら流れも変わったかもしれないけど。短いのが入らなすぎた」と肩を落とした。

それでも最後は地元のチャンピオンを祝福した。「やっぱり沖縄の人にゆずっとかなアカンからね。優勝したかったけど」と少しの毒を挟みながらも、「今日の優作はうまかった。ショットもパットもね。上手くなったというとおかしいけど、昔よりうまくなったんだもん(笑)。見てて落ち着いてやっているというか、安定感もあった」と称えるしかなかった。

「前よりもゴルフ自体は良くなっている。あとは今日みたいなつまらないミスをなくしていくだけ」。差は開いたものの優勝争いの中で宮里が最も警戒していたのがこの谷口だったという。49歳は敗れてなお存在感を見せてコースを後にした。


(撮影:上山敬太)<ゴルフ情報ALBA.Net>