ここから本文です

ポグバは父逝去のためトッテナム戦に帯同せず…モウリーニョは若手を起用か?

GOAL 5/14(日) 19:01配信

マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバがトッテナム戦に向かうチームに帯同しなかったことが確認された。『スカイスポーツ』が報じている。

マンチェスター・Uは14日、プレミアリーグ第37節でトッテナムと対戦する。しかし、ポグバはこの試合を欠場するようだ。父親が亡くなったことが理由だと伝えられている。ポグバの父親は長い闘病生活の末、12日に息を引き取ったという。79歳だった。

マンチェスター・Uでは負傷者が続出し、すでにルーク・ショー、ズラタン・イブラヒモビッチ、マルコス・ロホ、アシュリー・ヤングなどが戦列を離れている。厳しい状況が続く中で2位のトッテナムと対戦することになるが、U23チームを主戦場とする若手選手が起用されると見られている。

なお、指揮官はすでに、来季のチャンピオンズリーグ出場権獲得を目指す上で、リーグ戦よりもヨーロッパリーグを優先することを表明している。

GOAL

最終更新:5/14(日) 19:02

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合