ここから本文です

<高校野球>早実敗れる 秀岳館、最終回に敬遠し清宮と勝負

毎日新聞 5/14(日) 15:45配信

 「RKK熊本放送招待高校野球」が14日、熊本市の藤崎台県営野球場であり、清宮擁する早稲田実(東京)は今年の選抜高校野球まで甲子園3季連続4強の秀岳館(熊本)に1-5で敗れた。

 約7000人の観客が異様な盛り上がりを見せたのが早稲田実が4点を追う九回。2死で走者がいないのにもかかわらず、ベンチの指示で3番手田浦が、2番・雪山を敬遠し、前日の試合で通算93本目の本塁打を放った清宮との勝負に出た。清宮は首をひねりながら打席に向かい、結果は低めの直球を打って一ゴロで試合終了となった。清宮は3打数1安打で本塁打はなかった。

 秀岳館の鍛治舎監督は「甲子園で当たるかもしれない相手。パフォーマンスでやったつもりはないが、いろんな見方はあるだろう」と説明。清宮は「いろいろと感じることはあります」と困惑した表情だった。【生野貴紀】

最終更新:5/14(日) 15:53

毎日新聞

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/24(水) 15:50