ここから本文です

【沿線名店探訪】カフェくもい(南武線矢向駅) 母娘で営む絵本カフェ

産経新聞 5/14(日) 7:55配信

 今回ご紹介する「カフェくもい」は、今年開業90周年を迎えたJR南武線矢向駅が最寄り駅。お店は駅から歩くこと10分の静かな住宅街にあります。

 元書店員の坂本恵さんと、パン教室講師の経験がある母の良子さんが切り盛りする、自家製パンと手作りおやつが評判のカフェです。店名は、“雲の居るところ”を意味し、「まるで雲のようにふわふわと居心地の良い空間」にしたいという思いから名付けたそう。絵本の読み聞かせをはじめ、月1回ベビーマッサージや中国茶の会などイベントが催され、近所の主婦を中心ににぎわいます。

 お店のモチーフである「雲」マークが入ったケーキは、まるで絵本に登場するようなかわいらしい見た目に思わず癒やされます。また4月から登場したケークサレなどのテークアウト用メニューも好評です。

 【データ】川崎市幸区塚越2の225 安伸ビル1階。(電)044・742・8134。午前10時~午後4時半L.O.、日曜日・祝日は午前11時半~午後4時半L.O.。※金・土曜日は午後6時~9時L.O.も営業(要予約)。木曜日、第1・第3水曜日定休、年末年始休あり。ホームページは、http://kumonoirutokoro.tumblr.com/

最終更新:5/14(日) 7:55

産経新聞