ここから本文です

マイクロソフト、サポート切れのXPに異例のセキュリティパッチ 世界的被害の「WannaCrypt」対策で

5/14(日) 14:17配信

ねとらぼ

 マイクロソフトは5月12日、世界的被害が報告されている身代金要求型ランサムウェア「WannaCrypt」の対策として、3年前にサポートを打ち切ったWindows XPを含むOS用サポートパッチを公開しました。サポート終了後の対応は極めて異例といえます。

【画像:マイクロソフトのセキュリティチームがブログで公開した情報】

 該当のセキュリティパッチは「MS17-010」。既にサポートを終了しているWindows XP、XP Embedded、8、Windows Server 2003向けにパッチを提供しています。これは「WannaCrypt」がサポート終了したOSの脆弱性を突いて5月12日ごろから世界的感染を拡大しているためで、「極めて異例の手段」であるとマイクロソフトのセキュリティチームがブログで明かしています。

 またサポート中のWindows Vista、7、8.1、10、Windows Server 2008、008 R2、2012、2012 R2、2016に関しては、3月14日からパッチを提供しています。

 「WannaCrypt」は、これまでに少なくとも99カ国での被害が報告されているランサムウェア。ロシア内務省、イギリスの国民保健サービス、アメリカの運輸会社・フェデックスなど官民を問わずに被害を与えており大きな影響が出ています。

最終更新:5/14(日) 14:17
ねとらぼ

Yahoo!ニュースからのお知らせ