ここから本文です

オカザえもん始めました! 絵入り印鑑、銀行印にもOK

朝日新聞デジタル 5/14(日) 14:46配信

 ハンコ屋さんの店頭に、さりげなく「オカザえもん 始めました」の貼り紙。何だ、これは?

【写真】ネコ印鑑(小野印房提供)

 貼り紙の下には、「キモい(気持ち悪い)」のが人気の愛知県岡崎市非公式キャラクター「オカザえもん」のイラスト入り拡大印影が。その横には、シルエットのネコや三日月に寝そべるネコ入りの印影が並ぶ。店内にはスポーツカーや花、サル、ゴルフをする男性の姿入りも。直径約1・2~1・65センチの中に、可愛い絵と名前が施されている。

 岡崎市の中心街、康生通(こうせいどおり)にある創業明治31(1898)年の老舗「小野印房」。絵入り印鑑を作り始めたのは、5年前の2012年。東京のデザイン会社に勤めていた4代目小野洋平さん(41)が帰ってからだ。

 帰省後、小野さんは家業に就いたものの「ヒマだったので、好きなネコや車の絵を取りこんでみたんです」と飄々(ひょうひょう)と語る。昔からあったという絵入りの印鑑をヒントにした。江戸時代には名前の周りに竜の枠などを彫り込むデザインもあったという。

 パソコンのソフトを使ってデザインし、刻印機で制作。絵はデータ化するが、名前の配置などに一点ずつ変化をつけ、すべて一点もの。「もちろん、認め印や銀行印として使えます」

朝日新聞社

最終更新:5/14(日) 14:46

朝日新聞デジタル