ここから本文です

【日本ハム】代打・矢野が一振りで決めた!決勝2点打「気合で打ちました!」

スポーツ報知 5/14(日) 6:05配信

◆日本ハム11―6ロッテ(13日・東京ドーム)

 黄色く染まった超満員のスタンドに向けて、マイクを片手にした矢野がいつもの決めゼリフを絶叫した。今季初のお立ち台。まずは「2017、ひと味違います。ファンビシャス」と今季のチームスローガンを決めポーズつきで披露すると、最後は「ファイターズ、サイコー!」と恒例のフレーズを叫んだ。2本塁打でお立ち台に上がった12日の大田に続き、この日は矢野が思い出深い東京ドームでスポットライトを浴びた。

 勝負を決める一打が生まれたのは、同点で迎えた6回2死満塁だ。中盤の勝負どころで代打で登場すると、ロッテ・有吉の直球を仕留め、中前への勝ち越し2点打とした。「気合で打ちました。自分もうれしかったし、みんなも喜んでいたので、かなり興奮しました」。15年6月に巨人から移籍後、これが古巣の本拠地で放った初めての安打となった。

 お立ち台では、母親と姉が観戦に訪れていたことを明かし「その前で打ててよかったです。お母さん、ありがとうございます」。一日早い母の日のプレゼントにもなった。栗山監督も「素晴らしかったね」と感謝。出場4戦連続適時打と好調を維持している矢野は「僕のやることは変わらない。自分のいいスイングをするだけ。結果なんて分からないから、その時、その時に集中して、全力を出すだけ」。頼れる男の一打が、チームの勢いをさらに加速させた。(後藤 亮太)

最終更新:5/14(日) 8:02

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/30(火) 18:35