ここから本文です

古舘伊知郎さん、番組で「けもフレ」発言について謝罪も「全然反省していない」と再炎上 “捏造”については言及なし

5/14(日) 14:46配信

ねとらぼ

 フリーアナウンサー・古舘伊知郎さんの発言が炎上していた件で、古舘さんは5月12日、自身が出演するテレビ番組「おしゃべりオジサンと怒れる女」(テレビ東京)の中で「心を入れ替えて今日からやり直したいと思います」と謝罪しました。しかし、インターネット上では「全然反省していない」「問題をすり替えてる」と批判が集まっています。

【画像:ナレーションを務めていたサーバル役の尾崎由香さん】

 炎上していたのは、4月21日放送の「古舘伊知郎のオールナイトニッポンGOLD」での発言。ミュージックステーションに「けものフレンズ」声優が出演した時の様子に触れ、「ギンギンいらつくような声」「もうタモさんの興味のなさぶり」など批判しましたが、実際に番組を見ていた人から「番組内容と全然違う」「そんな場面はなかった」と“捏造(ねつぞう)”を指摘する声が続出。また、サーバル役の声優・尾崎由香さんが「おしゃべりオジサン」のナレーションを担当していたことから、「自分の番組のナレーターなのに」とあきれる声もありました。

 番組冒頭、千原ジュニアさんから炎上について話を振られ、尾崎さんが番組のナレーターだったことを聞いた古舘さんは、「ええ~?」と驚いた表情に。千原さんや坂上忍さんたちから「謝った方がいいのでは」と促されると、「心を入れ替えて今日からやり直したいと思います」と頭を下げました。その後、尾崎さんの声で「わかった、許してあげる」というナレーションが入ると、ホッとした様子で「さすがに録音したんだ。いやーよかったよかった」「そんな特定の人をけなしてないからね」とコメント。これに対し千原さんが「いやこの人(尾崎さん)をけなしてたでしょ」とすかさず突っ込むと、尾崎さんの声で「ひどいよ古舘オジサン!」と再びナレーションが入り、笑いを誘っていました。

 しかし、この「謝罪」に対し、ネット上では「問題をすり替えている」と批判が集まる形に。そもそも当初炎上していたのは、尾崎さんが自身の番組のナレーターだったことよりも、「ミュージックステーション」の内容をねじ曲げて説明していたことでしたが、これについては特に言及されず。このため「え、謝罪これだけ?」「全然反省していない」「謝罪もできないフレンズなんだね」といった声が相次ぎました。

 なお、謝罪された尾崎さん本人は、番組が始まるとTwitterで「始まるよー」と告知、自分のナレーションに合わせて「ひどいよー!古舘オジサン」とツイートするなど大人の対応。フォロワーからは「優しい……サーバルちゃん」「聖母」「これが本当の大人の対応」と称賛されていました。

最終更新:5/15(月) 11:19
ねとらぼ