ここから本文です

与野党が北朝鮮非難

時事通信 5/14(日) 12:46配信

 北朝鮮による弾道ミサイル発射を受け、与野党幹部は14日、北朝鮮を一斉に非難した。

 自民党が党本部で開いた対策本部役員会で、本部長代理の茂木敏充政調会長は「断じて容認できない」と強調、「党として政府と緊密に連携を取りながら万全の対応を取っていく」と述べた。同党は15日に対策本部会合を開く。

 民進党の岡田克也前代表は「北朝鮮の行動は危険極まりない行為で、強く非難する。日本政府には日中、日韓の首脳レベルでの迅速かつ緊密なコミュニケーションを求めたい」との談話を発表。共産党の志位和夫委員長も談話で「厳しく抗議する。6カ国協議を含め対話による解決を関係国に強く求めたい」と訴えた。 

最終更新:5/14(日) 12:49

時事通信