ここから本文です

<北海道>釧路でサクラ開花 気象庁の観測拠点で最後

毎日新聞 5/14(日) 16:25配信

 北海道釧路市の釧路地方気象台は14日、エゾヤマザクラが開花したと発表した。平年より3日早く、昨年より4日遅い。気象庁の全国の観測地点58カ所で最後のサクラ開花となった。

 同気象台の職員2人が同日午前、標本木のある釧路市鶴ケ岱公園を訪れ、5輪以上の花が開いているのを確認した。

 この日の北海道はオホーツク海にある高気圧の影響で冷たい空気が流れ込んで気温が上がらず、釧路市の最高気温は8.5度で平年より3.3度低かった。同気象台は「この数日は低気圧の接近などで気温の低い日が続くため、満開時期は予想できない」と話している。【平山公崇】

最終更新:5/14(日) 23:08

毎日新聞