ここから本文です

MLB24歳ハーパー、来季24億円で合意 調停権有資格選手では史上最高額

5/14(日) 8:18配信

デイリースポーツ

 米大リーグ、ナショナルズは13日(日本時間14日)、15年MVPの若き主砲、ブライス・ハーパー外野手(24)と来季の契約で合意したと発表した。金額は明らかにされていないが、複数の米メディアによると、年俸は2162万5千ドル(約24億5千万円)で、MVP受賞で100万ドル(約1億1300万円)、球宴選出やゴールドグラブ受賞で10万ドル(約1100万円)などのボーナスが加算されるという。

【写真】「大リーグに影響力を持つ100人」で現役1位!唯一の日本人は…

 12年に19歳の若さでメジャーデビューを果たしたハーパーは打率・270、22本塁打、59打点、18盗塁をマークして新人王に。15年には打率・330、リーグ最多の42本塁打、99打点の成績で史上最年少でMVPに選出された。今季はここまで31試合に出場し、打率・372、10本塁打、29打点を残している。球宴に4度出場し、メジャー最強外野手の一人に挙げられている。

 メジャー6年目のハーパーは年俸調停権を有するが、シーズン終了を待たずして1年契約で合意。調停権を有する選手では昨オフにカブスのアリエタ投手が記録した1563万7千ドル(約17億7千万円)を大幅に上回り、史上最高額となる。

 ハーパーの年俸は、調停権を初めて有した16年が500万ドル(約5億6千万円)、今季が1362万5千ドル(約15億4千万円)。18年シーズン終了後にフリーエージェントとなり、史上初めて年俸総額が4億ドル(約450億円)を超えると予想されている。