ここから本文です

【ソフトバンク】柳田、震災後初熊本での主催試合で先制V打!初猛打!

スポーツ報知 5/14(日) 7:03配信

◆ソフトバンク3―2楽天(13日・熊本)

 熊本の子供たちにパワーをもらった柳田がお立ち台で晴れやかな笑顔を見せた。初回無死一、二塁で美馬のカーブをはじき返した。三塁線を破る先制2点二塁打で11試合、42打席ぶりの打点をマークした。「皆さんにパワーをもらった。熊本パワーで打てました」と感謝の先制打だった。

 昨年4月の熊本地震後、初めての試合。試合前日の12日には益城中央小を訪問。試合前には選手会で招待した南阿蘇西小の生徒と記念撮影した。「すごい元気と笑顔で。打てないことぐらい『どーでもエエな』と」。この試合までの10試合、9勝1敗だったチームで36打数5安打(打率1割3分9厘)と完全に取り残されていた。結果が出ず「もう2軍っす」と選手ロッカーで悪態をつき、本多からカミナリも落とされたこともあった。だが、復興が完全でないにもかかわらず、それを感じさせない子供たちと接し、自身の悩みなどちっぽけに思えた。

 先制打で勢いに乗ると7回2死から右前打。今季初の猛打賞で3点目の起点になった。チームは今季2度目の5連勝で貯金10。首位・楽天に1・5差に迫った。「実力というより熊本の人のおかげ。シーズン優勝という形で恩返しがしたい」と約束した和製大砲。秋にリーグV、日本一の朗報を被災地に届ける。(戸田 和彦)

最終更新:5/14(日) 7:03

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/26(金) 14:50