ここから本文です

香川県がシニア向けスタンプラリー 健康長寿へ「おでかけ」推進

産経新聞 5/14(日) 7:55配信

 60歳以上の人を対象に外出を促し、健康づくりや生きがいづくりに役立ててもらおうと、香川県は「かがわ元気シニア スタンプラリー」を今月から始めた。初めての試みという。

 健康長寿のためには、「食事」「運動」「社会参加」が必要といわれる。県では、家に閉じ籠もりがちな高齢者に、外に出て、人と話し、楽しみながら健康長寿を目指してほしいと、スタンプラリーを実施することにした。

 介護予防教室や地域の老人クラブなどは、知り合いがいないと足を運びにくいという声も聞こえる。県長寿社会対策課の久保雅紀雄さんは「新しい場所に出かける“きっかけ”になれば」と話した。

 地域の行事、清掃や交通安全の見守りといったボランティア活動、各種スポーツ行事に参加し、サインや印を集めると、抽選で73人に旅行券やオリーブ牛などの景品が当たるという。

 年齢に応じてスタンプの必要数は異なるが、どの年代も介護予防教室か老人クラブ行事のいずれかに1~2回参加することが条件となっている。

 応募用紙はホームページからダウンロードできるほか、各市町の高齢福祉担当課や社会福祉協議会、各市町老人クラブ連合会に設置している。

 開催期間は12月末日まで。問い合わせは県長寿社会対策課(電)087・832・3264。

最終更新:5/14(日) 7:55

産経新聞