ここから本文です

ガリクソン容疑者、酒気帯び運転認め謝罪…15秒間頭下げ酒断ち宣言

サンケイスポーツ 5/14(日) 7:00配信

 大阪・ミナミで飲酒運転をしたとして12日に道路交通法違反(酒気帯び運転)の容疑で大阪府警南署に逮捕されたお笑い芸人、ガリガリガリクソン(本名・坂本祐介)容疑者(31)が13日、釈放された。同署前で取材に応じ、「私が運転していたとしか考えられない」と容疑を認めた上で「破ってはいけない法を破ってしまった」と謝罪した。今後は任意で捜査を受け、略式起訴後に罰金刑となる見込み。

 「この度は、このような形で社会の信頼を裏切ってしまい、ましてや破ってはいけない法を破ってしまい、申し訳ございませんでした」

 午後2時ごろ、一晩過ごした南署から釈放されたガリクソン容疑者。逮捕時に着ていたとみられる黒のパーカー姿で、同署玄関前で報道陣の取材に応じた。

 まず約15秒間、頭を下げた容疑者。前日12日の逮捕後の調べに「酒を結構飲んだせいもあって、運転した記憶が全くありません」と容疑を否認していたが、この日は「間違いありません。状況的に判断しても、私が運転したとしか考えられない」と認めた。ただ、居酒屋で濃いめのハイボールを5、6杯飲んでからの記憶は曖昧で、店を出てから警察の事情聴取を受けるまでの記憶はないという。

 大の酒好きで知られるが、一歩間違えば大事故となる事件を起こしてしまい、「もう(酒を)飲むつもりはありません」と断酒を宣言した。

 南署は釈放の理由について「証拠隠滅・逃亡の恐れがなく(容疑を)立証できる証拠が固まったため」と説明した。

 容疑者は今後は任意で捜査を受ける。略式起訴され、罰金刑となる見込みだ。その後に所属事務所のよしもとクリエイティブ・エージェンシーから厳しい処分が下されるとみられる。

 容疑者は、芸能活動の継続について「今後、追って判断します」と言葉少な。当面は自宅で謹慎することになる。

最終更新:5/14(日) 7:00

サンケイスポーツ