ここから本文です

早実・清宮、秀岳館戦へ「名の知れたチームに勝たないと全国制覇は…」

サンケイスポーツ 5/14(日) 7:00配信

 春夏連続の甲子園出場を狙う早実は13日、熊本・八代市の県営八代野球場で行われた「RKK招待高校野球」に出場。3番・清宮幸太郎内野手(3年)が第2試合(対八代)で右中間の場外へ推定飛距離135メートルの特大弾を放ち、高校通算本塁打を「93」に伸ばした。

 14日の秀岳館戦に向けて、清宮は「名の知れたチームに勝たないと全国制覇は見えてこない」と鼻息が荒かった。熊本県高野連は、1973年に招待試合で作新学院(栃木)の江川卓(元巨人)が訪れ、収容能力2万4000人の球場が満員になって以来の盛り上がりを予想。警備員を通常の2人程度から16人に増員する。県高野連の工木(くぎ)雄太郎理事長は「手際よく、厳重に準備を進めたい」と話した。

最終更新:5/14(日) 7:00

サンケイスポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/27(土) 15:25