ここから本文です

上告中の藤井氏、無投票3選=美濃加茂市長選―岐阜

時事通信 5/14(日) 17:15配信

 任期満了に伴う岐阜県美濃加茂市長選が14日告示され、午後5時に立候補の届け出を締め切った結果、無所属現職の藤井浩人氏(32)以外に届け出がなく、無投票で藤井氏の3選が決まった。

 
 藤井氏は市の浄水設備導入をめぐり、現金30万円を受け取ったとして受託収賄などの罪に問われ、昨年11月に名古屋高裁で逆転有罪判決を受け上告中。任期中に有罪が確定すれば、公職選挙法の規定に基づき失職する。

 2013年6月に初当選した藤井氏は有罪判決を受け、1期目の任期途中に辞職。今年1月の出直し選に臨み、8割を超える得票率で再選した。その結果に主要政党は及び腰となり、対抗馬の擁立を見送った。

 出直し選で前職が当選した場合、任期は公選法の規定に基づき、辞職前の残り期間となるため、前回から3カ月半での市長選となった。 

最終更新:5/14(日) 17:30

時事通信