ここから本文です

強制連行偽証の吉田氏「碑文」を長男が書き直し 韓国紙、電子版のみ報道

産経新聞 5/14(日) 7:55配信

 韓国紙、中央日報(電子版)は13日までに、朝鮮半島で女性を強制連行したと偽証した吉田清治氏(故人)の長男が、父親が韓国・天安市の国立墓地「望郷の丘」に建てた「謝罪碑」の碑文の説明も虚偽だとして、関係者を通じ碑文を書き直していたとの産経新聞(12日付)の報道を引用して伝えた。

 中央日報は「『日帝強制徴用謝罪碑』を慰霊碑に変えた張本人が、ほかでもなく吉田氏の長男ということが分かり、衝撃を与えている」と報じた。

 産経新聞の報道について同紙は電子版のみで伝えた。他の韓国主要各紙も紙面上で報じていない。(ソウル 名村隆寛)

最終更新:5/14(日) 7:55

産経新聞