ここから本文です

本田出番なし ミラン引き分け アタランタは26年ぶり欧州カップ戦確定

スポニチアネックス 5/14(日) 8:23配信

 ACミランは13日、アウェーでアタランタと対戦し、1-1のドローに終わった。日本代表FW本田圭佑(30)は試合終了間際にアップを命じられたものの、出場はなかった。

 0―1の後半40分、本田はようやくアップを命じられるが、その3分後、FWデウロフェウが同点ゴール。モンテッラ監督は引き分け狙いに切り替え、本田ではなくMFバンジョーニを投入した。本田は試合後、取材に応じず、そのままチームバスに乗り込んだ。

 モンテッラ監督は「今日は普段と違って(守備的に)戦ったが、チームのパフォーマンスには満足している。優勝する際はこうやって勝つ試合が多いのだし、強いアタランタに対して奪った勝ち点1というのは貴重なものになる」。去就については「自分自身もあくまで現在のことに集中するし、選手にもそうさせたい」と直接の言及を避けた。

 アタランタは年間6位以上が確定。クラブ26年ぶりの欧州カップ戦出場が確定した。選手の育成を得意とする若手中心のクラブを、元インテルのガスペリーニ監督が指導し、素晴らしい結果を出した。「私にとっては、良い仕事のできる理想的な環境だった。今日の引き分けは残念だったが、実に良いシーズンだった」と語った。

最終更新:5/14(日) 8:25

スポニチアネックス