ここから本文です

中谷前防衛相、憲法に自衛隊明記を=自民幹部、20年施行に疑問

時事通信 5/14(日) 18:17配信

 自民党の中谷元・前防衛相は14日、高知市で開かれた党の会合で、北朝鮮が弾道ミサイル発射を強行したことに触れ、「年々、ミサイル技術が向上して、いつ(日本に向けて)撃たれてもおかしくない状況だ」と危機感を示した。

 迎撃態勢を敷く自衛隊について「非常に大変な中で任務を果たしている」と強調、「一刻も早く憲法で自衛隊を位置付けておくことが必要だ」と訴えた。

 同党の竹下亘国対委員長は山形市で講演し、安倍晋三首相が憲法を改正して2020年の施行を目指すと表明したことに関し、「自民党総裁が期限を示したことは大きな意味があるが、多分思った通りにはいかないだろう」と疑問を呈した。竹下氏は「期日を切るのは物事を進める上で重要だ」とする一方、「憲法をめぐる議論が思った通りにいったことは一回もない」と指摘した。 

最終更新:5/14(日) 18:19

時事通信