ここから本文です

復帰45年「基地のない沖縄を」=辺野古阻止訴え市民ら平和行進

時事通信 5/14(日) 18:44配信

 沖縄県の本土復帰から15日で45年になるのを前に、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設工事が進められる名護市辺野古周辺では、市民団体などが14日、移設反対などを訴える「平和行進」を行った。

〔写真特集〕沖縄返還

 参加者は「米軍基地を撤去させよう」「静かな生活を返せ」とシュプレヒコールを上げた。

 行進に先立ち、移設工事現場付近の海岸で集会が開かれ、主催者発表で2200人が参加。稲嶺進・名護市長は「絶対に辺野古の海に新しい基地を造らせないとの信念をこれからも貫いていきたい」と強調した。

 本部町の無職喜納弘子さん(75)は「復帰当時は平和を願っていたのに、新たな基地が造られている。基地のない平和な沖縄にしたい」と語った。

 初めて参加したという山形県庄内町の公務員五十嵐浩さん(45)は「やめてくれという人がいるのに国が強行的にやることには違和感を持つ。止めるなら今しかない」と話し、沖縄の現状を地元山形で伝えていくと強調した。 

最終更新:5/14(日) 20:14

時事通信