ここから本文です

オリックス・ドラ1山岡、またしてもプロ初勝利ならず 6回7安打4失点

5/14(日) 15:21配信

デイリースポーツ

 「オリックス-西武」(14日、京セラドーム)

 オリックスのドラフト1位・山岡(東京ガス)が先発。6回を7安打4失点で降板しプロ初勝利は、またしてもお預けとなった。

【写真】懐かしの近鉄ユニホーム姿で吠える山岡

 立ち上がりから苦しんだ。初回1死二、三塁のピンチを招くと西武4番の中村に中堅への2点適時二塁打を浴びた。さらに、続くメヒアには中前適時打を許して3点を先制される。さらに五回には源田に中前適時打を打たれた。3点ビハインドの七回からマウンドを2番手・大山に譲った右腕。先発5試合目となったこの日も白星をつかむことはできなかった。

 チームは3位で並ぶ西武との大事な一戦。今季ワーストの5連敗中で、最大8あった貯金も吐き出す苦しい状況だった。