ここから本文です

<J1>ACLの反省生かし ガ大阪

毎日新聞 5/14(日) 23:39配信

 ○ガ大阪2-0札幌●(札幌ド・14日)

 日本勢で唯一、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の1次リーグで敗退したガ大阪が直後のリーグ戦を勝ち切り、浦和に勝ち点で並んだ。5日の清水戦は引き分け、9日のACL済州戦は0-2の完敗。長谷川監督は「甘さがあったここ数試合の反省を生かした」と振り返った。

 ピンチをしのいだ直後の速攻だった。前半終了間際にFW長沢とのワンツーで抜け出したMF藤本が「GKが前に来るのを見ていたのでイメージ通り」と左足でボールを浮かした技ありのシュート。昨季横浜マから移籍後初のゴールを決めた。

 両チームのシュート数は11本と同じ数でも、ガ大阪は試合終了間際に途中出場の泉沢が決めて2得点。決め切れたかどうかの差だったが、ガ大阪はボールを持った相手に自由にシュートを打たせず、長谷川監督は「危ないシーンもあったが最後に体を張った」と評価した。次は今季2勝3分け1敗と分が悪いホームでの鳥栖戦。この勝利で勢いづけたい。【荻野公一】

最終更新:5/14(日) 23:39

毎日新聞