ここから本文です

伊藤、森が世界選手権代表=トランポリン

時事通信 5/14(日) 19:28配信

 トランポリンの全日本年齢別選手権は14日、世界選手権(11月、ブルガリア・ソフィア)代表選考会を兼ねて群馬・ヤマト市民体育館前橋で行われ、オープン男子決勝はリオデジャネイロ五輪6位の伊藤正樹(東栄住宅)が61.060点で優勝した。伊藤は予選との合計得点で日本協会の派遣標準点を上回り、世界選手権代表に決まった。

 オープン女子では森ひかる(金沢学院大ク)が予選と決勝の合計得点で代表入り。決勝は名倉沙織(テン・フォーティーク)が54.675点で制した。 

最終更新:5/14(日) 19:34

時事通信