ここから本文です

阪神・藤浪、制球欠くも7回2失点 対DeNA9連勝はならず

5/14(日) 15:30配信

デイリースポーツ

 「DeNA-阪神」(14日、横浜スタジアム)

 阪神・先発の藤浪が7回5安打2失点でマウンドを降りた。

 失点は一回。四球と安打、そして味方のミスで無死二、三塁のピンチを招くと、3番・ロペスに2点中前適時打を浴びた。それでも後続を抑え、このピンチを最少失点でしのいだ。

 二回以降は立ち直り、三塁を踏ませないピッチング。二回には味方の援護が加わり、2-2と同点となった。課題とされていた制球面では、5四死球と精彩を欠いたがDeNA打線を抑え込んだ。

 藤浪は2015年から対DeNAに8連勝中と好相性だったが、この日は同点のまま降板。9連勝とはならなかった。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/26(水) 18:40