ここから本文です

UFC王者ミオシッチがドス・サントスを1RKOでリベンジ防衛

スポーツナビ 5/14(日) 14:48配信

 UFC「UFC211」が現地時間13日、米国テキサス州ダラスで開催された。今大会ではヘビー級と女子ストロー級2階級のタイトルマッチを実施。ヘビー級王者スティペ・ミオシッチ(米国)が過去に敗れたジュニオール・ドス・サントス(ブラジル)を迎え2度目の、女子ストロー級王者ヨアンナ・イェンドジェイチェク(ポーランド)はジェシカ・アンドラージ(ブラジル)を迎え5度目の防衛戦を行った。

 2014年12月の対戦ではドス・サントスに判定負けを喫したミオシッチだが、王座戴冠での自信がそうさせるのか開始からプレッシャーを掛けていき、右フックを効かせた後に右ストレートで打ち抜き初回ノックアウト。これで4連続となる初回KO劇で、圧巻のV2防衛を果たした。

 女子タイトルマッチでは女王ヨアンナが50-45、50-44、50-45とフルマークで5度目の防衛に成功。タックルから相手をリフトアップしてのテイクダウンを得意とするアンドラージだが、ヨアンナは倒されてもすぐその度に立ち上がり、得意とするシャープなジャブとローで削ってベルトを守った。

【関連記事】

最終更新:5/14(日) 14:48

スポーツナビ