ここから本文です

小沢、王座ならず=女子ボクシング

時事通信 5/14(日) 20:45配信

 世界ボクシング機構(WBO)女子ライトフライ級王座決定戦10回戦は14日、京都市のKBSホールで行われ、小沢瑶生(フュチュール)はWBO女子ミニフライ級元王者の弘蘇云(韓国)に1―2の判定で敗れ、初の世界戦で王座を獲得できなかった。

 小沢は序盤に有効打を浴び、終盤の打ち合いでも決め手を欠いた。ジャッジ3人の採点はいずれも2点差で、2人が相手を支持。小沢の戦績は12勝(4KO)4敗となった。 

最終更新:5/15(月) 10:04

時事通信