ここから本文です

C大阪・杉本、ヨニッチが2発!!今季最多5得点で広島に逆転勝ち

5/14(日) 17:02配信

デイリースポーツ

 「明治安田生命J1、C大阪5-2広島」(14日、キンチョウスタジアム)

 今季最多5得点を奪ったC大阪が、広島に逆転勝ちして2試合ぶりの勝ち点3を手にした。1点を追う前半29分、FW山村和也(27)がドリブルで右サイドを駆け上がり中央へグラウンダーのクロスを入れると、走り込んだFW杉本健勇(24)が右足で同点ゴールを決めた。

 4分後には再び山村のドリブルを起点に杉本がスルーパスを通す。MF柿谷曜一朗(27)の左足シュートはポストに当たったが、跳ね返りをMF清武弘嗣(27)が押し込み逆転に成功した。前半43分にはDF丸橋祐介(26)のCKからDFマテイ・ヨニッチ(26)が頭で合わせて突き放した。

 後半11分に1点差に迫られたC大阪だったが、直後の後半13分、ドリブルで持ち上がった杉本がペナルティーエリア外からこの日2点目のゴールを決めて再び2点差とすると、同31分にはまたも丸橋のCKからヨニッチが押し込んだ。

 広島は前半13分にブラジル人FWアンデルソン・ロペス(23)のゴールで先制し、1-3と逆転された後半11分にはMFミキッチ(37)のシュートで一時は1点差に迫ったが、今季最多5失点と守備が崩壊。5試合勝ちなしとなった。