ここから本文です

正恩氏は「被害妄想」=米国連大使

時事通信 5/14(日) 23:46配信

 【ニューヨーク時事】ヘイリー米国連大使は14日、米ABCテレビに出演し、北朝鮮の弾道ミサイル発射に関連し、金正恩朝鮮労働党委員長を「パラノイア(被害妄想)に取りつかれている」と批判した。

 新大統領が誕生したばかりの韓国をまずけん制するため、ミサイルを発射したと正恩氏の意図を推測した。 

最終更新:5/15(月) 8:56

時事通信