ここから本文です

【日本ハム】近藤「何としても打ちたかった」唐川から同点タイムリー

スポーツ報知 5/14(日) 15:31配信

◆日本ハム―ロッテ(14日・東京ドーム)

 パ・リーグ打率トップの日本ハム・近藤健介捕手(23)が、同点打を放った。2点を追う3回。1死満塁から岡が犠飛を放つと、なおも2死一、二塁。ロッテ・唐川の直球を捉え、中前打を放った。試合前まで12球団1位の打率4割2分6厘と絶好調だったが、この日も貴重な一打を放った。

 近藤は「(先発の)メンディ(メンドーサ)も嫌な点の取られ方じゃなかったので、何とか打ちたかった。チャンスでつないでくれて、岡ちゃんも打ってくれたので、まずは同点にできて良かった」と振り返った。

最終更新:5/14(日) 15:38

スポーツ報知