ここから本文です

【青竜S】7番人気のサンライズソアが快勝 砂2戦2勝でユニコーンSへ

スポーツ報知 5/14(日) 15:45配信

 14日の東京10R・青竜S(3歳オープン、ダート1600メートル、14頭立て)は、7番人気のサンライズソア(牡3歳、栗東・河内洋厩舎)が直線で抜け出し、3勝目を挙げた。勝ち時計は1分35秒2。

 大外14番枠からスムーズに加速し、3番手で流れに乗ると、残り200メートルで先頭に立ち、1馬身1/4差で勝利した。

 岩崎騎手は「調教の時からずっと具合は良かったので、自信を持って乗りました。馬は集中して、力を出してくれました」と笑顔。関西所属でデビュー5年目の同騎手は、これが東京競馬場での初勝利。「気持ち良かったですね。きょうの騎乗はこれだけだったので」とさわやかに汗をぬぐった。

 芝でデビュー勝ちしたが、ダートで2戦2勝と適性の高さを示した。次走はユニコーンS・G3(6月18日、東京)へ向かう。

最終更新:5/14(日) 15:45

スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ