ここから本文です

慶大が明大に逆転勝ち!主砲・岩見「勝てたのが何より」

デイリースポーツ 5/14(日) 17:41配信

 「東京六大学野球、慶大5-3明大」(14日、神宮球場)

 慶大が接戦を制して先勝した。

 2点を追う五回に2本の適時打、今秋ドラフト候補の4番・岩見雅紀外野手(4年・比叡山)の左犠飛で3点を奪って逆転。一度は同点とされたが、七回に相手暴投で勝ち越すと、八回にも1点を追加。投げては3投手のリレーでしのいだ。七回から3回完全救援の高橋亮吾投手(2年・慶応湘南藤沢)がリーグ戦初勝利を挙げた。

 すでに今季5本塁打を放っている岩見は、犠飛に加え、七回にも勝ち越しにつなげる投手強襲安打。リーグのシーズン最多記録にあと2本に迫っている一発こそ出なかったものの「勝てたのが何よりです」と笑顔。優勝争いの中で主砲として逆転勝ちに貢献し「ずっと目指しているのは優勝なので。ホームランは打てたらいいなというぐらい」と、充実感をにじませた。

 リーグ戦3連覇を狙う明大にしぶとく食らいついての白星。大久保秀昭監督は「たくましいというか、ずるずるいかなくなっている。何とか早慶戦まで(優勝の可能性を)つなぎたい」と力を込めた。

最終更新:5/14(日) 18:02

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/24(水) 19:30