ここから本文です

【C大阪】今季初の5発で広島に快勝!本拠地無敗

スポーツ報知 5/14(日) 17:11配信

◆明治安田生命J1リ―グ 第11節 C大阪5―2広島(14日・キンチョウスタジアム)

 C大阪が今季最多の5得点で、広島に逆転勝ちした。

 前半13分に広島MFアンデルソン・ロペスに先制弾を許したが、同29分にMF山村が自陣から約50メートルのドリブル突破。右クロスにFW杉本が合わせて同点とした。同33分にはMF柿谷のシュートのこぼれ球をMF清武がフリーで押し込んで逆転した。さらに同43分にはDFマテイ・ヨニッチが右CKに合わせて3点目。約15分間で3点を奪った。

 後半11分、広島MFミキッチの右足弾で1点差に詰め寄られたが、直後の同13分、MF山村のパスカットからカウンター攻撃に成功。FW杉本がドリブルで広島守備陣を振り切り、右足で左ネットを揺らして4点目を奪った。同31分にはまたもDFマテイ・ヨニッチが右CKに合わせて5点目。今季1試合2点が最高だった攻撃陣が突然爆発し、3点差で快勝した。

 6日の柏戦(柏)で開幕2戦目以来の黒星を喫し、ルヴァン杯を含めた公式戦の無敗が11試合でストップしたC大阪だが、今季初の逆転勝利で連敗を阻止。ルヴァン杯も含めてホームでは今季6勝2分けと無敗をキープし、金鳥スタジアムでは5戦全勝となった。

最終更新:5/14(日) 17:11

スポーツ報知