ここから本文です

萩野が復調に手応え「自由形安定してきた」

5/14(日) 21:00配信

デイリースポーツ

 リオデジャネイロ五輪競泳男子400メートル個人メドレー金メダルの萩野公介(22)=ブリヂストン=が14日、東京スイミングセンターで行われた「東水会大会」(短水路)に出場。200メートル自由形を1分43秒02、200メートル平泳ぎを2分10秒23、200メートル個人メドレーを1分52秒22でそれぞれ制した。

 昨年9月に右肘を手術。今年に入って練習を再開したものの、4月の日本選手権では400メートル個人メドレーでの連覇が止まるなど本調子ではなかった。5月のゴールデンウィークには泳ぎ込みを敢行。この日は伸びやかな泳ぎを披露し、「自由形が安定してきて、思った以上に速くて安心した」と手応えを示した。

 19~20日のジャパン・オープン(東京・辰巳国際水泳場)では、200&400メートル個人メドレー、100&200メートル自由形、100メートルバタフライに出場予定。「日本選手権はびっくりするほど遅かったので、自己ベストを狙いたい」。世界選手権(7月、ハンガリー)に向けて、エースが完全復活を予告した。

Yahoo!ニュースからのお知らせ