ここから本文です

「鉄腕DASH」で超貴重生物、古代サメ・ラブカ発見!「TOKIO凄すぎ…」

スポニチアネックス 5/14(日) 20:57配信

 日本テレビ「ザ!鉄腕!DASH!!」(日曜後7・00)が14日に放送され、ジャニーズ「TOKIO」のメンバー城島茂(46)と山口達也(45)が同番組内の企画「DASH海岸」で貴重生物、古代サメ・ラブカを発見した。

 「DASH海岸」は2009年に開始した企画で、TOKIOのメンバーが神奈川県横浜市の「横浜DASH海岸」を浄化し、東京湾の再生を目指すというもの。14日の放送では横浜DASH海岸を出発し東京湾へ。平均水深200メートル、最深750メートルの東京海底谷で深海カメラなどで調査を行った。

 ロケ3日前に仕掛けた深海刺し網を引き揚げると、そこには奇妙な姿の生物が。「うわ!なんか来た」「なんだこれ!」「うわあ」「気持ち悪い!」と城島、山口が絶叫。グロテスクな古代サメ・ラブカを発見した。ラブカは恐竜やシーラカンスより古い幻の古代生物。魚類の中で一番古く、4億円前(デボン紀)からの生き残りとされる。生きた状態で水揚げされることはほとんどなく、死んだ状態でも貴重。大ヒット映画「シン・ゴジラ」の第2形態モデルにもなった。DASH海岸監修の海洋環境専門家・木村尚氏も「この状態で見られると思わなかった。研究者もぶっとびますよ」と驚きを隠せない様子だった。撮影後、城島と山口が海に戻すとラブカはゆっくりと深海へ帰っていった。

 放送中からYahoo!リアルタイム検索の話題のキーワード上位に番組関連のワードがランクイン。「TOKIO凄すぎ…」「超貴重生物を獲ってて笑った」「鉄腕DASHは普通に見ていてためになるし面白い」などのコメントが寄せられた。

最終更新:5/14(日) 20:57

スポニチアネックス