ここから本文です

【浦和】6発快勝もミシャ監督「内容は不満」

スポーツ報知 5/14(日) 17:46配信

◆明治安田生命J1リーグ 第11節 新潟1―6浦和(14日・デンカビッグスワンスタジアム)

 J1浦和は14日、アウェーで新潟と対戦し、6―1で勝利した。前半2分に新潟FW鈴木武蔵(23)に先制されるも、同6分にMF武藤雄樹(28)、同20分にFW興梠慎三(30)、同31分にDF槙野智章(30)、同43分にオウンゴール、同ロスタイム1分にMF関根貴大(22)、後半2分にDF遠藤航(24)が得点し、圧勝した。リーグ戦は連敗を2で止め、3試合ぶりの勝利。アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)を含めた公式戦の連敗は3で止めた。

 ミハイロ・ペトロヴィッチ監督(59)は「両チームとも非常に厳しい状態でのゲームでした。我々はACLとリーグ戦を平行して戦ってきて、選手たちの疲労が蓄積し、けが人も出てきているなかでした。けがから復帰した選手もギリギリの状態でプレーし、今日もまたけが人が出てしまった。連敗後のゲームという意味でも難しいゲームでした。多く得点し、勝利したのは良かったですが、ゲームの内容については、私は不満です。連敗していたプレッシャーもあったと思いますが、もう少し、落ち着いてゲームを進められたんじゃないかと思います」と話した。

最終更新:5/14(日) 22:58

スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合