ここから本文です

【浦和】興梠、3試合ぶり8ゴール目に「決められて良かった」

スポーツ報知 5/14(日) 21:21配信

◆明治安田生命J1リーグ 第11節 新潟1―6浦和(14日・デンカビッグスワンスタジアム)

 J1浦和のFW興梠慎三(31)がアウェー・新潟戦の前半20分、DF宇賀神友弥(29)の右クロスを冷静に左足で合わせ、この日チーム2点目となる決勝点を決めた。4月22日の札幌戦以来3試合ぶり今季8点目で得点ランク首位をキープした。興梠は「ウガからいいボールが来た。決められて良かったです。暑いなか、両チームがハードワークして戦って、決めるところで決めたのが、レッズだったので、得点差が開いた」と振り返った。チームはアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)を含め公式戦4試合ぶりの白星で、首位に返り咲いた。次節は20日にホームで清水と対戦する。「ホームでしっかり勝ち、首位を守ることが大事なる」と話した。

 また、今季6得点しているブラジル人FWラファエル・シルバ(25)は前半34分、右太ももを痛め、途中交代した。

最終更新:5/14(日) 21:32

スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合