ここから本文です

茂木健一郎氏「お笑いオワコン発言」後に超大物から直接電話 勇気出してダイヤルも留守電に

スポーツ報知 5/14(日) 22:46配信

 脳科学者の茂木健一郎氏(54)が14日放送のテレビ朝日系「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(日曜・後9時58分)に出演。「日本のお笑いは終わってる発言で大炎上しちゃった先生」として、登壇した。

 茂木氏は今年3月、ツイッターで「日本のお笑い界は本当に終わっている」と発言。多くの批判を受けたが、番組冒頭に「僕が妙な正義感を振りかざす面倒くさいヤツだった」と反省。生徒役の「オードリー」若林正恭(38)から「反省しているんだ?」と聞かれると、「そうです」と即答。「言い方とか多様性とか。アメリカにはアメリカのお笑いの文化。日本には日本のお笑いの文化があるということ」と振り返った。

 茂木氏は「オワコン発言」後、今回の収録までの間にお笑い界の大御所・西川きよし(70)から直接電話がかかってきたことを告白。「怖すぎて電話に出てないんですよ。本当はコールバックした方が良かったんでしょうけど」と言う茂木氏に若林らが「それは怖すぎます。絶対、西川師匠にかけた方がいいですよ」と言うと、その場で西川に電話。しかし、留守電になったため、茂木氏は震える声で「お電話いただいたようで…。また、ご指導下さい」とだけ吹き込んでいた。

 しかし、番組の最後に番組スタッフが調べたところ、西川は茂木氏が出演したNHK番組を見て「元気そうだな」と思って電話しただけだったことが判明。茂木氏は若林らから「結局、独り相撲なんですよ」と、からかわれていた。

最終更新:5/14(日) 22:49

スポーツ報知