ここから本文です

観月ありさが25周年ライブ!デビュー曲「伝説の少女」を「60歳になっても歌い続けたい」

スポーツ報知 5/15(月) 6:04配信

 女優で歌手の観月ありさ(40)が14日、東京・恵比寿ガーデンホールでデビュー25周年を記念したコンサートを行った。

 1991年5月15日に「伝説の少女」でデビューし、この日が25周年イヤー最終日。「ファンのみなさんと一緒に過ごせてうれしい。25年はあっという間だったけど、曲や写真を見ると膨大な年月を感じました」としみじみ語り、「『伝説―』はデビュー当時と違う感覚で歌える。改めていい曲だなあと思うし、50歳になっても60歳になっても歌い続けたい」と誓った。

 この日は、A.B.C―Zの五関晃一(31)、元宝塚星組トップスターの湖月わたる(45)をゲストに迎えて、米作家O・ヘンリーの短編「最後の一葉」のリーディング劇に挑戦。「25年間、歌も芝居もやってきたからこそできるステージ。毎年恒例にしたい」と語った。

 この日は夫で建設会社社長の青山光司氏(44)も妻の姿を見守った。観月は「出掛ける時『頑張ってね』と言ってくれました。結婚も悪くないですね」とのろけていた。

最終更新:5/15(月) 11:01

スポーツ報知