ここから本文です

【NBA】キャブス、控えセンターのW.タバレスが練習中に右手骨折

5/14(日) 12:26配信

ISM

 クリーブランド・キャバリアーズの控えセンター、ウォルター・タバレスが、現地11日のチーム練習中に右手を骨折していたことが分かった。復帰は未定だという。

 レギュラーシーズンの最終日にキャブスと契約を結んだ身長221センチのタバレスは、紅白戦中に右手を負傷。レントゲンなどの精密検査の結果、骨折が判明した。

 キャブスではセンターのケガが相次いでおり、クリス・アンダーセンとアンドリュー・ボーガットが故障でシーズン終了に。タバレスの離脱が大きな影響を与えることはないものの、タイロン・ルーHCはイースタンカンファレンス決勝まで実戦形式の練習を行わない考えを示している。

 キャブスは、15日に行われるワシントン・ウィザーズとボストン・セルティックスによるカンファレンス準決勝第7戦の勝者と、17日から東の王座をかけて対戦する。(STATS-AP)

最終更新:5/14(日) 12:26
ISM