ここから本文です

白鵬、横綱初日通算50勝で千代の富士に並ぶ史上1位タイ

スポーツ報知 5/15(月) 7:03配信

◆大相撲夏場所初日 ○白鵬(寄り切り)千代の国●(14日・両国国技館)

 休場明けの横綱・白鵬(32)=宮城野=は、前頭筆頭・千代の国(26)=九重=を寄り切って、2場所ぶりの初日白星で1年ぶり38度目の賜杯に向けて好発進となった。

 白鵬が順調に滑り出した。初顔合わせの千代の国を、左まわしを引きつけて寄り切り。横綱として初日通算50勝は、史上1位の千代の富士(故人)に並ぶ最多タイとなった。報道陣から伝え聞くと「それは1番なの? そうですか」と満面の笑みを浮かべてタオルで汗をぬぐった。

 先場所は5日目から右足親指負傷で途中休場。「気持ち良さと多少の緊張感もあった」と2か月ぶりの白星に安どした。この日は皇太子ご夫妻が訪れた。皇族が観戦に訪れた日は相性がよく「自然と力が出る」と、勝負強さ健在を印象づける節目の白星を贈った。

 千代の富士と並ぶ2位タイの横綱在位59場所となる今場所前は、モンゴルの軍隊式筋トレで“昭和の大横綱”と同じ肩の筋肉を鍛えてきた。「順調に来ていると思いますけど、ちょっと余力を残しておかないといけない」。平成の大横綱が見据えるのは、1年ぶりの賜杯だけだ。(榎本 友一)

最終更新:5/15(月) 7:03

スポーツ報知