ここから本文です

川淵氏、首位快走の阪神は「ファンが『あとマジックナンバー100なんぼ』とかいっている」

サンケイスポーツ 5/14(日) 9:27配信

 日本バスケットボール協会の川淵三郎エグゼクティブアドバイザー(80)が14日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・0)の名物コーナー「週刊・御意見番」に登場。セ・リーグで首位に立つ阪神について、「阪神のファンがね、『あと(優勝までの)マジックナンバー100なんぼ』とかいっているのがおもしろいなと思って。熱烈ですね」と苦笑いを浮かべた。

 阪神は12日のDeNA戦(横浜)で中谷将大外野手(24)が同点の六回、左翼に決勝の4号ソロを放った。プロ初の2試合連発に加え、四回には激走で一塁から先制のホームイン。7年目の若虎が躍動してDeNAを突き放し、4-1と快勝。貯金は再び今季最多タイの「9」としていた。

最終更新:5/14(日) 9:35

サンケイスポーツ