ここから本文です

北ミサイル 「大陸間弾道ミサイルではない」米太平洋軍

産経新聞 5/14(日) 9:17配信

 【ワシントン=黒瀬悦成】米太平洋軍の報道官は13日に発表した声明で、北朝鮮が発射した弾道ミサイルについて「飛行特性が大陸間弾道ミサイル(ICBM)と一致しない」との情報分析を明らかにした。

 声明によると、太平洋軍は米ハワイ時間午前10時半ごろに発射を探知。ミサイルは北朝鮮の亀城(クソン)から発射され日本海に着弾。北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)は、ミサイル発射は北米の脅威とならなかったと結論づけた。

 太平洋軍は「同盟国である韓国と日本との緊密に連携していく」とした。

最終更新:5/14(日) 9:32

産経新聞