ここから本文です

近大が8季ぶり45度目のリーグ優勝/関西学生

サンケイスポーツ 5/14(日) 14:16配信

 関西学生野球リーグ第7節第2日が14日、甲子園で行われ、近大が京大を6-0で下し、2013年春以来8季ぶり45度目(旧リーグを含む)の優勝を決めた。

 先発の岡田和馬投手(4年)が9回4安打完封。毎回の13三振を奪い、今季初めての完投で胴上げ投手になった。

 就任から4年目で、8季ぶりの優勝に導いた田中秀昌監督(60)は5度宙を舞い、「気持ちいい。最後が甲子園というのは感慨深い」と笑顔。6月5日から開催される全日本大学野球選手権に向けて「粘り強く戦っていきたい」と意気込んだ。

最終更新:5/14(日) 14:21

サンケイスポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/27(土) 10:00