ここから本文です

新報道2001抄録 下村幹事長代行「北朝鮮は中国のメンツをつぶした」

産経新聞 5/14(日) 17:33配信

 自民党の下村博文幹事長代行は14日のフジテレビ系「新報道2001」に出演し、北朝鮮の弾道ミサイル発射が、中国による現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」国際協力サミットフォーラムの開幕日だったことを挙げ、「中国のメンツをつぶした。国際社会は連携して北朝鮮に対応すべきだ」と述べた。

 --北朝鮮が新型とみられる弾道ミサイルを発射した

 「大陸間弾道ミサイル(ICBM)であれば、米国までとどくミサイル開発がほぼ完了したというメッセージになる。米国にとっても大変な脅威で、トランプ米政権は新たな対処策を考える時期になる」

 「サミットフォーラムを開く中国のメンツをつぶす行為だ。国際社会が連携し、中国も含めて北朝鮮への対応を考えるステージにあがった」

--韓国では文在寅政権が発足した

 「北朝鮮に融和的な政権だが、日本や米国、中国との関係にシフトして、北朝鮮が暴発しないようメリハリをつけてもらいたい」

--日本政府に求められる対応は

 「安倍晋三首相は国際社会で事実上のリーダーだ。東アジアにおける新たな危機に対応するリーダーシップが重要だ」

最終更新:5/14(日) 18:18

産経新聞