ここから本文です

浦和、新潟に6発大勝で首位奪回

サンケイスポーツ 5/14(日) 16:24配信

 明治安田J1第11節(14日、新潟1-6浦和、デンカ)公式戦3連敗中の浦和は攻撃陣が爆発。前半だけで5得点を挙げ新潟に大勝し、鹿島から首位を奪回した。

 浦和は前半2分、新潟FW鈴木武蔵のヘッドで失点するも反撃。同6分にFWラファエルシルバが右サイドを突破し低めのクロスを中央に送ると、MF武藤雄樹が押し込んで同点とした。

 その後は浦和のゴールラッシュ。同20分にFW興梠慎三の追加点で勝ち越すと同31分にはDF槙野智章がゴール。新潟のオウンゴールなどもあり、前半終了時点で1-5とほぼ勝負を決定づけ、前半を折り返した。

 浦和は後半開始早々、MF駒井善成が追加点。新潟も何度かチャンスを作ったが、GK西川周作の好守などで追加点を奪うことはできなかった。

 浦和はこの勝利で連敗を脱出。首位だった鹿島は神戸に敗れ首位から陥落した。

最終更新:5/14(日) 16:29

サンケイスポーツ