ここから本文です

<写真報告>北朝鮮経済を牛耳る中国 (1) 電器、食品から果物まで 「中国が制裁徹底したら生きていけない」の声も(写真4枚)

5/14(日) 6:20配信

アジアプレス・ネットワーク

北朝鮮経済が中国に依存しているのは周知のことだ。貿易は輸出入の約90%を占めており、衣料品、電化製品、食品から果物まで、市場は中国産品に席巻されている。

【関連写真を見る】  かわいそうなほど痩せた若い人民軍兵士たち 軍人の飢えは80年代から (写真4枚)

「もし中国商品がなければ市場の運営はできなくなるし、外貨稼ぎの会社も全部潰れるだろう。税関が閉じられたら海で獲った海産物も輸出できなくなる。中国との経済関係が止まれば朝鮮は生きていけないでしょう」

北部地域に住む取材協力者たちは、こう口を揃える。中国は北朝鮮経済を牛耳っていると言っても過言ではない。その実態を写真で報告していく。(石丸次郎)

←国産米に混じって中国産の米も大量に売られている。価格を尋ねると中国通貨で答えた。2013年10月撮影アジアプレス。

←中国から安くて高品質の果物が大量に輸入されている。2011年7月平壌市のモラン市場にて撮影ク・グァンホ(アジアプレス)

←平壌市中心部のアパート街で中国製のソーセージを売る女性。2011年7月モラン区域にて撮影ク・グァンホ(アジアプレス)